セントビンセントでの協力隊活動状況を綴っています。


by haruka216h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:The work( 3 )

予定は未定

9月から学校が始まので今週は『Professional Development Week』という準備期間(NewTermの方針などを会議をしたり教室環境を整えたりする)のはずだった。はずだった・・・でも直前に1週間延期された。しかもそういう情報はラジオで流れる。日本だったらかなりありえない状況。 ということで今週もFreeです。なのでバイラでの活動を報告します。

試行錯誤 『Japanese Style Croquette』
Cooking何やろうかなぁ。この国の食材で。。。芋?バナナ?芋?・・・と考えていたところふと『コロッケ』が浮かんだ。ちなみにコロッケはフランス料理だったらしい。
家で試作。パン粉がないので作る。大変面倒。この国で手軽に手に入り、パン粉に代わるもの。何かいいものはないものかと考え、思いついたのは『コーンフレーク。いける!

食べたもののないもの、作ったことのないものを教えるのは難しい。
作り方を提示して説明。模造紙は子どもが貼ってくれた。
a0101871_2192017.jpg

ちょっと曲がっているけど・・・。でも一生懸命貼ってくれた。ちょっと得意げ?
a0101871_2195017.jpg

ビンセンシャンにはないであろう、流れ作業。
手前からジャガイモをMashして形を作る人→小麦粉の人→卵の人→コーンフレークの人→それをガス台まで運ぶ人→揚げる人
a0101871_2203868.jpg

手が空いたらお皿も洗って、片付けてね。
さすがに自分で考えてやるのは難しいが、言えば素直に何でもやる。なかなか手際がよかった。というか予想以上。お利口!!すばらしい協力でしたと絶賛してしまった。それを聞いた子どもたちもうれしそう。
日本でもそうだけど、やっぱり子どもは料理が好きなんだなぁと感じた。
で・き・あ・が・り☆
a0101871_2211538.jpg


Beach Clean up!!

ハリケーンが来た後ということもあってか、Beachにはかなりのゴミ。
a0101871_2214570.jpg

この日はあいにくの天気で、途中雨やどりをしながら拾うこと2時間
a0101871_2221772.jpg

協力するってすごい。こんなにキレイになりました!!
a0101871_2223864.jpg


最終日 『American Day
この日はビンセントに到着したばかりのピースコーが15人来た。何だか今日はいつもと雰囲気が違う。活動の始めにピースコーがアメリカについて話をする。
a0101871_223931.jpg

その後いつものようにそれぞれの年齢ごとに活動。今日の私のCookingは近くの道路工事の影響で水がでないため中止。ピースコーが私のグループもまとめてみてくれることに。

みんなイイ表情で活動していた。

Sience Craft by JOCV
廃材(厚紙やストローなど)を利用してタケコプター作り。
a0101871_2233939.jpg

Envioromental Craft by JOCV
こちらも廃材(拾った貝殻、厚紙、布などでフォトスタンド作り)
a0101871_2241273.jpg

Music by ピースコー (ギターでの演奏や歌)
a0101871_2243877.jpg


グループごとの活動を3時までやったら、みんなで集まって明日の確認をして終わり。
のはずが2時をちょっとまわった時点で召集。ん?早くない?と思ったらMusicのグループが時間を持て余してしまったらしい。無理やり召集。んーさすがアメリカ人。
日本人はみんなで、え?!って感じでした。これも文化の違いなのでしょうか。
そんなこんなで、ビンセンシャンの色々、アメリカ人の色々な面をみたサマープログラムでした。

     THE END
[PR]
by haruka216h | 2007-08-29 02:43 | The work

バイラでの活動。

水曜日
今日はお休み。家でだらだら。
と思っていたら・・・・突然電話が!バイラで行われている、サマープログラムの講師の人が急きょ来れなくなったらしい。えー?!しかも2時間前に連絡なんて、遅い・・・。
で、暇な私が借り出された。

ピースコーのMattと一緒に3~6歳の子どもとCraftを行うことに。
Craftの内容はビニール袋でバタフライ。
簡単なはずが・・・さすがアメリカ人。大雑把。
わーっと子どもにビニール袋を渡し、見本を見せるわけでもなく、全体に説明するわけでもなく。いつの間にか、ペイントの筆が渡され、てんやわんや。3~6歳をコントロールするのは大変。
結局、ちょっと私がでしゃばり・・・
①ペイントをする(Matt)
②ビーズを貰う (私)
③テープで口を止め、名前を書く(ビンシーの先生)
というサイクルを作り、なんとかバタフライ?ができた。
a0101871_218281.jpg

でも、これでどうやって遊ぶの?とMattに聞くと、『I don't know.』って、ほんとにただ作っただけで終わった。
しかも、最後に挨拶をするわけでもなく、流れ解散のような形に。
日本人が細かすぎるのかなぁ。何となく、すっきりしない活動だった。
もっとこうしたらいいのに。というのはたくさんあったが、私の英語力が乏しく・・・全部は伝えられなかった。語学力・・・もっと頑張らねば。
色々思うところもあったが、何とか一日が終わった。
a0101871_2222168.jpg

でもまあ、子どもがかわいかったからよしとしよう。

木曜日
今日は『Japan Day』
浴衣で参加。暑い。
ビンシーは日本と中国は同じだと思っているらしく、この国では『チャイニー』とよく呼ばれる。これは『日本』を知ってもらういい機会だ。場所、食べ物、挨拶など簡単に紹介した。その後、折り紙。今日は9~15歳を受け持つ。
バルーンや鶴、などの作品をいくつか見せて、『どれが作りたい』と聞くと、迷わず『Flower!』この国の人は花が好きだ。(私の部屋にも大家さんが造花を置いてくれている)
ということで『Flower』を作ることに。
う~ん・・・難しい。すぐに諦めて『Ms.Haruka!やって!』と言ってくる子どもたち。根気がない。でも、『You can do it!』 自分でやらせた。
それでも難しいところは『Make a line!』で並ばせて、順番に見てあげた。
よく見るとその列に大人が・・・・。しかもこのプログラムの主催者であるはずの先生。
大人は一緒に並ばないで下さい!!
大人も子どもと一緒のレベル。興味を持ってくれるのはうれしいのですが・・・。
目的が違うのでは??サマープログラムですよ。コレは。とちょっと思ってしまった。

細かい作業がやりなれていないので、ビンシーにとっては難しい折り紙。
でも、思って以上にキレイにでき、子どもも私も感動!やればできるじゃない!
a0101871_2172241.jpg

明日はハリケーンが来るため、プログラムはお休み。
また、来週。
[PR]
by haruka216h | 2007-08-18 02:32 | The work

Summer programme in byrea

a0101871_5495633.jpg

いよいよバイラでのサマープログラムが始まった。先週のMeetingではビンセイブV.S.ピースコー(アメリカ人ボランティア)&JOCV(日本人ボランティア)でちょっとしたすれ違いがあったりもしたが、何とか今日開催となった。今日から2週間開かれる。バイセイブとピースコー、JOCVで、クラフトや環境教育(エコクラフトやビーチクリーンなど)、ダンス、料理、歌などのプログラムを行う予定だ。私は折り紙とCookingをやる予定。

今日はオリエンテーション。1時からというのに、1時半くらいに集まり始め・・・始まったのは2時を過ぎてから。さすがビンシータイム。時間を守るという意識がない。始まるまでの間、先に来ていた子供たちが、私の周りで“蜂”になって飛んで見せたり、ステージの上でジャンプ大会をしたり、隣に座ってきて私の名前をリピートしたり・・・とにかく子どもは面白い。
a0101871_5502244.jpg

オリエンテーションはお祈りをかねての歌で始まり、自己紹介、簡単なプログラムの説明の後、折り紙でネームカードを作った。なかなか不器用(笑)
でも楽しんでやっているのでO.K.

2週間楽しみだ。
[PR]
by haruka216h | 2007-08-14 05:57 | The work