セントビンセントでの協力隊活動状況を綴っています。


by haruka216h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大乱闘!!!!

今週は私が受け持つ授業を増やしてもらい、裁縫を教えることに。
ほぼ、縫い物はしたことのないという生徒。
まずは練習から。玉止め、波縫い、返し縫いの基本を練習。
a0101871_2351986.jpg

いつも席に着くのもままならない生徒だが、ビックリするくらい静か。そして真剣
思った以上に縫えるということが分かり、ペンケースを作ることに。
(ペンをバッグに1・2本ぽいっと入れてくる姿をみていたので。)
デザインをさせ、チェック。意外とかわいいデザイン。I Love You!』が好きらしい。
久しぶりにほのぼの。
夢中で縫う生徒。LunchTimeも縫い続ける生徒。カワイイ。

だがそこで突然の召集。
『Ms! Lunchが終わったらまた来るね。』と言い残して去る生徒。

校長がイギリスに1年間研修に行くことになり、新しい校長に。
またまた、服装検査。これですでに今学期3度目
a0101871_22451824.jpg

いつものように一列に並び検査を受ける生徒。すると・・・。
服装の悪い生徒、先生に従わない生徒を校長がムチで・・・・。
女の子でも容赦なく、叩かれる。
この国では校長にのみ、体罰?(適切な言葉かどうか分からないが、私にはそう見える)の権利が与えられている。
あまりのショッキングな光景に思わず涙がこぼれた。
最もショックだったのが、無知で叩かれる生徒を見て、『よくやったわ!素晴らしいわ!』と校長を称えるほかの教師の姿だ。

子どもの人権・・・そんな言葉はここにはないのだろうか。
隣にいた同僚のルースリン先生に『おかしい!』と言おうと思ったが、きっと受け入れてもらえないだろうと思い、ものすごくショックだったことと、日本では体罰は禁止されているし、どんな状況でも子どもや親と話し合って解決しようとすることなどを伝えた。
ルースリンは『あれぐらいやらないと子どもをコントロールできないのよ。』とさらっと言っていたが何とも信じがたい言葉だった。

その後、気が立っていたのか、ケンカが起こる。
まるでお祭り、面白がって生徒が集まる。
一度は鎮火。
a0101871_23164518.jpg

だが、興奮はなかなか収まらず、この日計6回のケンカが起こり、警察と保護者が来た。
よく見たら、知っている顔ばかり。
とてもさっきまで裁縫をしていたとは思えない光景だった。
もちろんLunch後戻ってくる生徒はいなかった。

未完成のペンケース・・・・。
a0101871_23193145.jpg

[PR]
by haruka216h | 2007-09-30 23:26 | The school in NU

Me nah know!

ここに来て3ヶ月。そろそろ語学も伸びる頃?
とんでもない!

あたしは全く英語が分からないのか????

・・・・North Unionの生徒は英語を話していないのです。
セントビンセントの英語は英語ではないのです。

例えば
『Ms!Me nah know!!』 は 『Ms!I don't know!!』となります。
I My Me MineはすべてMe なのです。

WhereはWay ForはFu YouはYo WhatはWa・・・・・・・・・・・・
そして、丁寧な言い方(Can you/Coud you)はなくすべて命令形、もちろんdoesなんてものも存在していないし、とにかく何を言っているか分からない。
本当は学校内ではStandard Englishを話すようになっているらしいが、親も(時々先生すら)Dialect Englishしか話せないので、厳しいのが現状です。

聞き取りだけはマスターしたい。
しばらく生徒が先生です。

でもキャッチボールにならない会話で、授業はやっています。
言葉がダメなら視覚で勝負!!
それしかないでしょう。
a0101871_10114941.jpg

a0101871_10121541.jpg

a0101871_10123627.jpg

でも、やっぱり言葉がもっと話せたら、色々な事が分かり合えるのにと思ってしまう。
授業をやる度に落ち込む日々です。
伝えたいことがたくさんあるのに、伝えられない・・・なんてもどかしい日々。
私の脳がビンシー化したらいいのに。。。。

とりあえずStandard Englishを一方的に話そう。
[PR]
by haruka216h | 2007-09-24 10:48 | The school in NU
始業式
まず行われた場所に注目!
a0101871_74671.jpg

校舎通路です。700人以上の生徒が通路に。もちろん階段にも。当然話をしっかり聞くという環境ではないので、厳粛な感じではない。

新しい先生の紹介。私の名前も呼ばれる。聞いたこともない名前なので、会場が沸いた!拍手喝采!まるでスター。


服装検査
職員全員で生徒全員をチェック!O.K.だった生徒しか通過できない。
a0101871_7125998.jpg

a0101871_7133334.jpg

シャツを入れなさい。イヤリング(小さいのはO.K.)を取りなさい。など日本と同じような光景が。みんなオシャレしたいのね。

ただここからが日本とは違う。
ダメだった生徒は悪い見本として全生徒の見せしめに・・・。先生の後ろにいるのがチェックを受けた生徒。もし口答えなどしようものなら、Go!Home!』校長先生の怒鳴り声が飛ぶ。朝まで歩いていろ!』と集会をしている全校生徒の周りを歩かされた生徒もいた。
ここでは校長先生が絶対である。

学校では、生徒にとって先生は絶対的なものである。生徒に人権はない・・・と思われるようなこともしばしば。先生があれ持ってきて、あれやって、というと『Yes,Ms! Yes,Sir!』と口答えせずなんでも生徒がやる。黒板も生徒が書くことが多い。先生は偉い!授業中でも座っているくらい偉いのです。


時間
ビンシーは時間を守らないことが多い。でも学校ではねぇ。・・・甘かった。
まず、新学期が始まって2週間、まだ人事が終わっていない。あと10人の先生がこの学校に異動してくる予定。そのため先生が誰も来ないクラスも。始まりも1週間遅れのスタートだったのに・・・。

1週目は毎日2時間くらいNew termに関するMeetingが持たれたのだが、いつも9時からの予定が1時間もしくは1時間半遅れでスタートし、お昼には解散だった。終わる時間はなぜかきっちり。もちろん生徒も時間を守れない。一応ベルはなるので、意識はしているはずだが、遅れる生徒がほとんど。
う~ん・・・この国は学校でさえ時間にルーズらしい。
It's Vincy Time!と私は呼んでいる。最近遅れると、今日はビンシータイムだわと笑って言うようになった。

食事の時間も決まっておらず、ビンシーは好きな時に、好きなものを、好きなだけ食べる。それはたとえ学校でも変わらない。
だから、みんなBig!!でも気にしない。さらに食べる。ずっと食べている。
そして私もビンシー化している・・・。なぜなら、『Ms!これ食べてください!』と生徒がくれるのである。毎日貢物が。今日はコーン4本が届いた。
a0101871_79653.jpg

生徒が食べ物を買っている様子。塀の向こうに、売りにくる。
この列が途絶えることは・・・ない。
700人以上いれば常に誰かがお腹がすいているみたい(笑)
[PR]
by haruka216h | 2007-09-18 06:56 | The school in NU

彼女の置きみやげ

a0101871_2354798.jpg

久しぶりに和食を作った。(ほうれん草の胡麻和え・ひじきの煮物・日本米・もちろんバナナははずせない。)地味!!味噌』で一番に思いついたのが『胡麻和え』なんて。地味すぎる・・・しばらく忘れていた味だが、自分はこういう物が好きだったらしい。でも、食べながら改めて和食の素晴らしを感じた。油を使わず、野菜中心のヘルシーな料理ができる。ここにお味噌汁と焼き魚を付けたら最高である。

なぜ和食って?この主な材料はセントビンセントを去る先輩隊員の置き土産なのです。

延長も含めて2年2ヶ月。本日をもって彼女はセントビンセントの隊員ではなくなった。今朝、残る隊員全員で彼女を見送った。
a0101871_3175059.jpg

この夏休み中、彼女のプロジェクトを少しだけ手伝わせてもらって、この国に来たばかりの私は色々なことを勉強させてもらった。ビンシーと計画・話し合い・実行・反省・次につなげる・・・なんて難しいことか。ほんの少しであるが、ビンシーと日本人の違のようなものも感じ取ることもできた。とにかく、これから活動が始まる私にとっては、どれも貴重な経験であった。そして、どんなことにも動じず、時には主張し、時には一歩譲り、活動をやり遂げた彼女の『凛』とした姿がとても印象に残っている。
本当にお疲れ様でした。

彼女を見送りながら、2年後自分はどんな気持ちでここを去るのか、考えずにはいられなかった。・・・私の活動は、まだ始まったばかりである。
[PR]
by haruka216h | 2007-09-09 03:23 | St.Vincent life

伝える。伝わる?!

この写真、すごーーーーく貴重なんです。
コレは私がVincyに教えんです。
a0101871_844318.jpg

『Are you Japanese?Do you know Haruka?』
とその店にいった先輩隊員に聞いてきたらしい。

すごい!!私の名前を覚えていたことはもちろん。
私が教えたこのブレスレッドの作り方を覚えていた
(でもやはり日本人と言う前に台湾人と混同していたらしいが・・・。)
しかも商品として売っている。Vincy風な色合いアレンジもされているし(笑)
その先輩隊員もびっくりして写真を撮ってきてくれた。
奇跡?!に近いこの状況。
その作品を手にとって見ていたり、買っていた人もいたとか。

田舎暮らしが始まってから、その店にはしばらく行っていないが、今度タウンに行った時には立ち寄ってみようと思う。

今日は別の人に『浴衣』の作り方を教えた。しかも日本人と同じやり方がいいということで、手縫いで耳ぐまで教えた。日本人でも知らないかもしれない耳ぐけをカリブ海で教えるなんて思ってもいませんでした。まだ、未完成なので完成したら写真も載せたいと思います。

まだ学校は始まっていないけど、改めて『教える事』に楽しさを感じる今日この頃です。
[PR]
by haruka216h | 2007-09-01 08:57 | St.Vincent life