セントビンセントでの協力隊活動状況を綴っています。


by haruka216h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大量発生!!

ここ2・3日私が戦っているものは
蚊。
そう、あの夏に現れるあの小さい虫。
なぜだか分からないが、ここ1週間くらいで、急に家の中に蚊が大量に存在するようになった。

朝ごはんを作りながら5匹

食べながら5匹

トイレに行っては3匹

寝るときにも・・・・

もーーーーー限界!!
蚊取り線香をもくもくたいて、扇風機をつけっぱなしで寝ても、よく眠れない日々。
へんな病気にならなければいいなと思う日々です。

ネットのついている窓しか開けていないし、毎日10匹以上殺してもまだ蚊が。
この量はいくらなんでも、多すぎる!!
ということは・・・この家のどこかに、蚊の発生場所が?!


でも、おかげで?蚊を捕まえるのがうまくなりました。
こんなスキルは欲しくないのですが。笑
しかも、どんなに刺されても一晩経つと治んです!
私の体の免疫も変化しているみたいです。
人間ってすごい!

ということで、ただ今、蚊の発生場所を捜索中。
[PR]
by haruka216h | 2008-01-30 08:26 | St.Vincent life

I LOVE teaching!!

昨日、久しぶりにちゃんとした授業をして、

働くってなんて素敵なことなのかしら!

授業をするってなんて楽しいのかしら!

と興奮して帰宅した私です。
大げさに聞こえるかもしれませんが、コレ、本心です。

へ?何?と思いますよね。

実は・・・
新学期に入って今まで、私、仕事らしい仕事を全くしていませんでした。

はい。
日本の皆様、すみません。

この国のスローさには、6ヶ月たった今もまだ慣れることができません。
というか一生慣れないでしょう。

a0101871_3422367.jpg


先週、やっと時間割が出来上がり
今週、やっと授業らしい授業が始まりました。

ちなみに新学期が始まったのは1月7日から・・・
そう空白の時間が2週間もあったのです。

その間彼らがしていたことといえば

『おしゃべり』

私がイライラする度に、他の先生に『Haruka.Just Relaxよ。』と言われ、さらにイライラ・・・。
おしゃべりも大切なコミュニケーションの一つだと思います。
ただ、2週間は長すぎます。

どうやら私にとって、何もしないことほど苦痛なことはなく、忙しいことは幸せなこと・・・みたいです。
忙しく働いている人にとっては、贅沢な話ですよね。全く。
でも、地獄の2週間が終わり、ほっとしている私です。

と思っていたのも束の間・・・
せっかく時間割ができたのに、Parents Day(保護者がHome Teacherと面談する期間、クラスを持っていない私はやることがないわけです。)ということで、
また今日から3日間授業がありません。
一日で終わることをなぜ3日もかけてやるのか・・・。

あーーーん。仕事が、授業がしたい。
授業の準備ばかりで、授業をしていない私in St.vincentです。
[PR]
by haruka216h | 2008-01-23 03:43 | The school in NU

半年で変わったもの。

気がついたら半年。
この島に来て半年。
この島から一歩も出ずに半年。

・・・私たちの感覚は大きく変わっていました。

そう、この半年で間違いなく変わったものは

『幸せの基準』です。

今日はストで学校がお休みなので、のびのびになっていたMy travels in Puerto Ricoについて綴っておこうと思います。長いので、ここからは時間がある人のみ読んでくださいね。

積もりに積もったストレスを発散すべく(大して働いていないのにすみません)、私たちは一路Puerto Ricoへ。
プエルトリコについて
プエルトリコは、カリブ海にある島。大きさは四国の半分ほど。独立国ではなく、アメリカ合衆国の自由連合州/自治州。 アメリカの一部ですが公用語はスペイン語。通貨はアメリカドル。
プエルトリコの名前は、一説にはクリストファー・コロンブス(クリストバル・コロン)がサンフアンに入港した時に¡Que Puerto Rico!(なんて美しい港なんだ!)と叫んだことに由来するといわれている。

一日目
飛行機が3時間遅れ(さすがビンセント)となり、Puerto Ricoに着いたころには夕方。
何もできずじまい。ただ、空港の人がものすごく感じがよかった!ビンセンシャンとは違うのです。とっても、親切!とってもGentleman!とってもFriendly!
空港からタクシーでIsa Belaまで移動。仕事だから当たり前ですが、これまたいいDriver!

夜、ビンセントでは食べられないシーフードを満喫。
唯一覚えたビール下さいをスペ語で言えて満足。

二日目
昨日予約をするはずだったサーフショップを探す。早朝、散歩を兼ねて人伝いに探し当て、発見。しばし朝ごはんを食べながら、店員を待つ。待つ。待つ。
来ない・・。
待つことに慣れきった?私たちは思い思いのことをし始める。
その辺りを散策、写真を撮る、ビンシーダンス、ヨガ、逆立ち・・・・。

約3時間あまりが経過。プエルトリコに来て何してるんだか。
この旅は待つ旅のようです。
やっと、店員到着。サーフィンの予約完了。
久しぶりの、素敵な(日本だったらむしろ品薄です、きっと)ショップに喚起。
『はるちゃん、店はここだけじゃないよ。』という友達の言葉に、ちょっとは冷静になるものの久しぶりのこの感覚に興奮冷めやらず。
想像できるでしょうか。この感じ。

サーフィンの準備をするためホテルに一度戻る。
すると・・・警察!?パスポートの提示を求められる。
もちろん私たちはOffical Passport。自信を持って怪しいものではないことを主張。
警察官の話では、『怪しいAsian Girls』がいるという通報があったらしい。
確かに怪しかったかもしれない・・・。笑
でも、そんな警察の人もいい人でした。『I'm sorry』と言って立ち去って行きました。

ビンセントの海でサーフィンは無理。と思っていた私はボディーボードをやる予定・・だったのですがサーフィンをすすめられもう一度トライ!
Easy waveに助けられ、波の上に立つという素敵な感覚を味わうことができました。
注:サーファーにとってはあれはサーフィンではないということなので、あしからず。それくらいのしゃばしゃばな波だったということらしい。
でも、Biginnerの私にとっては『サーフィンをした』気分です。満足です。自己満足、大切です。
タクシーで首都San Juanへ移動。
移動中に食べたファーストフードのタコスがとてもおいしかった!ファーストフードですよ。ファーストフード。$3で味わう幸せ。

首都San Juan.先日盗まれてしまったカメラを買うべく、もうすでに夕方だったのですがわがままを言いカリブ海最大のショッピングモールPlaza Las Americasへ!
a0101871_122382.jpg

サーフショップで喜んでいる場合ではなかった。
でかい!大きすぎて迷子になりそうなくらい。

お目当てのカメラ発見。クリスマス直後なのでちょっと品薄でしたが、なんとか買えましたよ、カメラ。ただ、忘れていました。ここはAmericaだということを。パスポートナンバーが分からなかったため、クレジットは使えず、現金で。ありったけの現金を集めてなんとか買えたのでした。
夕食はお寿司。(残念なことに記念すべき久しぶりのお寿司の写真は撮れなかった。)
やっぱり、日本食はおいしい!!

3日目
Olo San Juanへ。
行ってきましたよ、El Morro
a0101871_1225841.jpg

a0101871_1235228.jpg
エルモロの要塞はプエルトリコを海賊、他国から守るために作られ、建造には244年もかかった・・・そうです。英語がスペイン語がよく分からず、私の英語力で分かる範囲と目で見える情報のみなので、かなり不確かな情報です。
昨日買ったばかりのカメラを抱えて、回ること数時間。一歩動くたびに写真を撮っていたような・・・。
はしゃぐ私。

a0101871_1243777.jpg

a0101871_127186.jpg
Lunchに行ったカフェ。カフェ・・・なんて素敵な響き。
ビンセントとは全く違う雰囲気。Mayolloca(スペル忘れました。たしかスペ語)なるものを注文。
きっと日本にいたら、たいしたことない食べ物だったことでしょう。
でも今の私には最高に幸せな味でした。


a0101871_1274358.jpg

かつてスペインの統治下にあってせいかとてもカラフルでキレイな街並みでした。
ということで、Old San Juanを十分に満喫。

で、またまた、Plaza Las Americasへ。
買い物三昧。と思いきや意外と貧乏性になっており買えず・・・。ほんと、正真正銘の田舎もですよ、私は。
a0101871_138694.jpg
そして、広すぎる敷地内でTaxiを拾えなかった私たちは、またまた警察のお世話に。いやー親切な人でした。パトカーでTaxiが拾えると所まで私たちを乗せてくれた上に、Taxiに連絡を取ってくれました。ほんとプエルトリコの人は親切です。

4日目 最終日
私達が一番行きたかった場所。何だと思います?
スーパーマーケットです。ドラッグストアかな。
ビンセントでは買えない物、買えても値段か高い物を買うべくスーパーマーケットへ。
薬や生活雑貨(シャンプー、歯ブラシといったもの)食品がおいてあるような、家の近くで言うならベイシアやマツキヨ(ローカルなので知らない方ごめんなさい)のような店です。
今の私たちに必要だったのは生活雑貨が買える場所。スーパーマーケットだったようです。
スーパーで3時間。う~ん。よくも飽きずにいたものです。

帰りの飛行機、出発時間など全くあてにしていないものの時間通りゲートへ。
最後のLunchを食べながら待つ予定でした。
でも、何てことでしょう!
飛びましたよ!Liat(ビンセントまでの飛行機)が、時間通りに!そんなことで幸せを感じてしまう、私たちなのでした。


そう、

待たないで時間通りに、物事がスムーズに行くことは幸せです。
Thank youと言われたら、ものすごくうれしく思います。
ちょっとしたことで、ものすごく親切にされたような気分になります。
たくさんのキレイな商品を見たら興奮してしまいます。買っておかなきゃという気分にさせられます。でも、あまり高いものはもったいなくて買えません。

完全に変わっています。

『幸せの基準』

日本に帰るのが怖いです。

あと、もう一つ、プエルトリコはアメリカですが、そんなプエルトリコと比べても日本ってすごいと感じることがたくさんありました。日本ってすごかったんですね。私が思っている以上に。

日本にいたら見えなかったこと、たくさん見えてきました。たくさん感じています。

日本に帰るのが楽しみです。

忙しい中、この絵日記のような文章を呼んでくださってありがとうございました。明日からちゃんと働きます。たぶん・・。
[PR]
by haruka216h | 2008-01-11 01:19 | Travel

New Term!

a0101871_449017.jpg

始まりました!New termが。
お天気も良し。あたしの体調も、気分も良し。
たくさん休んだし、働くぞーーー!
ってな感じで、結構やる気いっぱいだったんです。私。

がしかし、忘れていました。私が今いるところはセントビンセント。
裏切りませんよ、この国は。

まず、新しいTermの時間割を作るはずのMr.Rayanが何故か突然冬休み中にアメリカに。もちろん時間割は作っていません。何でも、向こうに彼女がいて前から行きたかったとか。そして、教育省に彼のいとこがいるため簡単にアメリカに飛び立つことができたとか。
そんなコネをつかったのね。はー。しかも、彼の変わりに時間割を作ろうとする人は、誰もおらず・・・。いつ時間割ができるのか、いつちゃんとした授業が始まれるのか、誰も知らない・・。そして、誰一人授業をやる気配なし。

そして、もう一つ今日の早朝の教育省の会議で(私の英語力が正しければ)教員の給与の引き上げが受け入れられなければ、Some teachersは明日からストライキに入るらしい。この間もLiat(航空会社)の社員がストライキを起こしていたので冗談ではなさそう・・。
この情報は昨日までのラジオ(この国では何故か重要な情報はラジオで流れるのです。)で流れていたらしく、半分の生徒しか今日は登校しなかった。

どうなる、私の2008年!!
学校に着いてすぐ、あまりの静かさとみんなのやる気のなさに、私のやる気も吸い取られそうになりました・・・。

私 『What should I do today? I'd like to work! I need to work. I'm so bored.』と一人騒ぎまくり。
他の教師 『You can just relax, sit and chat whatever you want.』

これがSt.Vincent です。
これがNorth Union sacondary school
です。
でも、暇なのはもう今日だけでたくさん!!明日、私は強行授業を行いたいと思います。だってやりたいことがあるんですもの。少なくても生徒は学校に来ているんですもの。

2008年も、素敵なブログというよりは、私の素直な気持ちを綴っていきたいと思います。

a0101871_456613.jpg
落ち着いて2008年がスタートできるように、日本に来る時にいただいたお茶セットで、お茶を一服。

あーーー幸せ。(感謝。感謝。)

こんな所でお茶を一服できる幸せを噛みしめながら、明日も頑張りたいと思います。
[PR]
by haruka216h | 2008-01-08 05:05 | The school in NU

A Happy New Year!!

一大イベント(ビンセンとではクリスマスがお正月のようなものなので)のクリスマスが終わり、
気がついたら、2007年が終わっていました。。

寒くないせいか、
年越しそばを食べなかったせいか、
鐘の音が聞こえないせいか、
やっぱりSt.Vincentにいるせいで?

まったく実感がないまま2008年を迎えていました。

2007年は、いつもの年以上に本当にたくさんの出会いと別があった年でした。
一つの出会いから私が得たものはとても大きく、出会った人の分だけ素敵な刺激をたくさんもらった気がします。そして、いつもその素敵な人たちにいつも支えられています。
この人に出会わなかったら、今頃私は・・・そんな素敵な出会いばかりです。

色んなことがある度に一喜一憂しながらここまで来た私ですが、これからも変わらずそう過ごしてしまうに違いありません。
ここまでくると、もうその性格は変わらないでしょうから。笑
私に振り回されてしまった人、ごめんなさい。
そんな私をいつも温かく見守ってくれている人に感謝しつつ・・・

2008年も、
自分らしく
そしてSt.Vincentを満喫しながら
頑張りたいと思います。

今年もよろしくお願いします。
a0101871_11382942.jpg

ただいまリゾート隊員です。(冬休みプエルト・リコにて)

P.S.
色々な人からのE-mailや手紙で、たとえコメントがなくてもこのブログを見てくださっている人がたくさんいることを知り、とても励まされました。と同時にもう少しきちんとブログを綴らなければと少し反省させられました・・。今年はちょっとレベルUPしたブログが綴れるように頑張りたいと思います。
[PR]
by haruka216h | 2008-01-03 11:47 | 私のひとり言