セントビンセントでの協力隊活動状況を綴っています。


by haruka216h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こんな歳になっても。

ネットがしばらくつながっていなかったので、ブログが綴れないでいましたが、先週末は私の誕生日でした。
                                   Steel panの仲間と
          Steel panでBirthday songなんてもう一生ないかもしれません。
a0101871_3202065.jpg

今年はSt.vincentならではのHug だのKissだのPresentsだの・・・色々なSpecialなものをいただきました。
                                      
                                    The presents.
a0101871_3552022.jpg

日本や各国にいる素敵な友人からのMessegesも。忙しい中、ありがとう。
                       Grenadines Unionislandにて Lobster
a0101871_3253586.jpg

                                 Japanese girls In Union
a0101871_3261036.jpg

何度も、そして、色々な人にお祝いしてもらい、今年も素敵な一年が迎えられそうです。
           Birthday Dinner at my house 大家さんの差し入れシャンパン付き
a0101871_3584790.jpg

St.Vinsentで迎えた誕生日は、Specialな誕生日でした。形がないものはここに載せられないのが残念。
                                      Big cookie cakeと
a0101871_3213431.jpg

みなさん、ありがとうございました。Thank you so much!!

毎年思うのですが、
どこにいても、どんな状況でも、必ずお祝いしてくれる人がいる私は幸せ者です。

あーーーあたし、幸せ。と、いつも思える誕生日です。笑

歳をとるのがいやだという人も多いですが、私はおばあちゃんになるのが楽しみです。どこで何をしているのやら、想像が全くできませんが、歳をとった分だけ、魅力が増すようなそんな歳の重ね方ができたらいいなと思います。

そして、去年の誕生日、体育館で3-2の生徒がバースデイソングをサプライズで歌ってくれたのをちょっぴり思い出してしまいました。彼らは元気にしているかしら。

                                          念願のTurtle.
   ついにこの目で、間近で亀ちゃんを見ました。感激!そして日本のデジカメはすごい。
a0101871_3292035.jpg

[PR]
by haruka216h | 2008-02-25 04:16 | St.Vincent life

5ドルの行方

最近、Form1&2のクラフトのクラスを持つようになってから、どっと疲れる。
毎日、大声を張り上げている。
夢の中でまで、英語でShout!

46人のビンセンシャンを一度に見るのは・・・
うーん何とも表現に困るがとにかく毎日彼らは激しい。

この間、お金を取ったとらないで、生徒がけんか。
しかも、授業中に。
バッグに入れていた5ドルが消えらしい。

話を聞こうにも、興奮して何言っているのか全く分からない。
Dialect(方言)だし。

そして、恐れていたことが。
彼らの興奮はとどまるところを知らない。
ボールペンで刺しあうほどの大けんかに。
止めに入った私まで刺された。(たいした怪我はしていないので、ご心配なく)

我を忘れて、本気で友達を刺す。
もはや、ボールペンは文房具ではなく、凶器。
異常な風景。
でも、ビンセンシャンにとってはそこまで異常ではないようだ。
もちろん、何人かの生徒は止めに入ってくれた。
でも、はやし立てる生徒の姿も。

あー、だから大人の場合だと、殺人にまでなるのかと思ってしまった。

そして、Ms.Kakuwaをレスキューすべく(と思ったらしい)、たくさんの先生が集合。

お金の行方は分からないままだが、事情を説明すべく、二人を連れて、校長先生のところへ。
あっさり、一人の生徒が棒でぶたれる事に。
何でも、その5ドルは校長先生が渡したものだったらしい。
でも、だからと言って彼が盗った事にはならない。
真実は分からないまま、だた彼が叩かれて終わった。

この国の子どもはすぐうそをつく
どれだけ、迫っても本当のことを言わない。
時に誰を信用していいのか分からないくらい、本当にうそをつく。
そして、人のものをすぐ盗む。
しかも、平気で。
私も色々なものがなくなっている。
だから、生徒のこと簡単には信用できない。
それは、確かだ。
でも、だからと言ってぶつそれも容赦なく、という方法はどうしても受け入れられない。

教室に戻った後、自分の気持ちを伝える。
今日のけんかの様子がとてもショックだったこと。
友達が友達を本気で傷つけて平気な人がいることが、とても悲しいということ。

で、聞いてみた。
『誰かが誰かを叩いたりすることは、みんなにとっては普通の事?』
あっさり『Yes!Ms!』という返答。

もちろん、私は全否定!!
『Yes!』なんて笑って言ってる事自体ありえません!!

でも残念なことに、うちの学校の生徒はしょっちゅう、つかみ合いのけんかをしている。
だから、はさみや尖ったものは学校には持ってきてはいけないことになっている。
そして、この国の大人はすぐ子どもをぶつ。
しつけのために多少は仕方がないことなのかもしれないが、容赦なく子どもを叱咤し、ぶっている姿をよく見かける。

叱ることはぶつことではないと思う。

でも、そういう環境で育っている子どもはまた、自分の子どもをぶつに違いない。
現に、暴力が変に身近なものになっている。・・気がする。

悪循環。

悲しい悪循環だ。

先生ですら、生徒が言うことを聞かないときはぶてばいいのよ。と言う。

I do not want to beat my students.
I do not want to beat anybody.

a0101871_514241.jpg

どうしようもなくイライラさせられることも多いが、
でも、誰にも彼らをぶつ権利はない

と私は思う。

変えたいけど変えられないもの。
そんなものが、たくさん目に付く今日この頃。

何ともやりきれない気持ちにさせられた一日であった。
[PR]
by haruka216h | 2008-02-08 05:40 | The school in NU

St.Vincedntの家族。

Time flies!!(光陰矢のごとし)
あっと言う間に2009年2月突入です。

成人式の日に、誰かに『20を過ぎたら坂を転がり落ちるように、月日が早く過ぎていくのよ。』と言われたことが忘れられない。

坂を?転がる?

まさに、そんな感じ。

ほんとうに・・・・早い!!

ビンセントに来て3週間ほど、現地の文化や生活習慣を知るため、現地の生活に慣れるためにVincentianの家族に3週間ほどお世話になった。

それからもう7ヶ月。

Keep in touch..と言いつつも、なかなかHost Familyと会う機会がないため、ちょっとしたLunch Partyを開いた。

ビンセントで手に入る限りの日本食のおもてなし。
私、日本にいる時より、日本食作ってます。笑

なかなか、素敵な会になりました。
a0101871_8321584.jpg

料理の写真を撮り忘れたのが残念。
[PR]
by haruka216h | 2008-02-05 08:43 | St.Vincent life