セントビンセントでの協力隊活動状況を綴っています。


by haruka216h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

CXC

日本は新年度が始まり、気持ちも新たにきっとそれぞれの新しい生活が始まっているらしい。
こちらは常夏。季節感ゼロ。終わりのない夏が続いております。
でも先週から新しいTermが始まった。年度で言うとLast Termである。
このTermではCXC=Caribbean Examinations Councilというテストがある。CSEC(The Caribbean Secondary Education Certificate)取得のための試験だ。日本で言うならセンター試験といったところである。とにかくこれから進学するにも、就職するにも重要な試験なのである。

ただ、家の生徒全くの危機感なし。困ったものである。都会のトップ校では、全Termから気合を入れてやっているらしいのだが、田舎の我が学校では、やっとちょっと試験を意識し始めたといった感じである。
a0101871_623567.jpg
生徒に配られたTime scheduleを見せてもらった。
一日1教科、多い生徒は15日間以上に渡って試験を受ける。
うーん、集中力は持つのであろうか?
そして、さらに気になる点発見!
試験時間開始時刻30分を過ぎた場合は、入室不可。
やっぱり、いくらビンセントとは言え時間を守ることは大切なこと。
ちなみに、ビンセントタイムでは、何でも1~2時間遅で始まる。こんな感じで授業だってしょっちゅう遅れるのだ。日本の5分前行動っていう言葉が懐かしい。
さすがに、試験に限ってはそうもいかないらしい。
でも、普段やってないことはいくら試験でもできない。去年も何人もの生徒が遅れたとか。
実はコレが一番の問題??
できるかできないか以前に、ちゃんと会場に時間通りに行くというところが問題な気がしてならない。

ということで、クラスルールの確認。
あまりの授業態度のひどさに、意識付けのために教室に貼っているRules of class
a0101871_626974.jpg

そう、ここに書いてあることは、普段私の生徒ができていないこと
遅れない・授業中ものを食べない・先生の話を聞く時は、話をしない・人のものを盗まない・喧嘩しない・後片付けをする・英語を話す・・・などなど

ついでに、Dialectについては付け足して、お話。
そう、ショックを受けたMustique(グレナディーンの一つ)の話。
『先生さー休み中にMustique行ってきたんだよねー。』
まずは、感想。ビーチがきれいだったこと。お金持ちがいっぱいいたこと。水がここの4倍以上の値段だったこと。
『でも、やっぱりビンセントが住むにはいいよねー。』と私。
すると、『Yes.Ms!』と声をそろえていう生徒。
みんなこの国が大好きなんです。

そして、本題。
『でも、ビンセントにいたら仕事ないよねー。みんな将来何になりたいんだっけ?』
『美容師・ネイルアート・秘書etc..』
そう、私の生徒達はそんな素敵な仕事を夢見ているのです。
『いいね、いいね。But... it's difficult to get nice job in St.vincent,isnt it?』
『いい仕事をして、いい生活をするには、やっぱり外国や、少なくてもグレナディーンに行かないといけないのが現実だよね。先生はMustiqueに行ってしみじみ思ったよ。Dialectも好きだけど、やっぱり、いい仕事をGetするには、英語をきちんと話すことがみんなには大切だって事がさ。』
みんな『True!True!』と賛同。(ちなみにビンセントの発音だとチュー!チュー!って感じ。)

ということで、一応私のクラスではDialectを徹底して禁止することに。もちろん授業中だけですが。これがなかなか難しい。先生ですらDialectですからね。今のところ、私と話す時は『Speak slowly & Speak Standard English』を頑張って心がけてくれているようです。
[PR]
by haruka216h | 2008-04-22 06:45 | The school in NU

天然プール

ビンセントのWindwardの北に位置するOwiaというところに行ってきた。
長い待ち時間に耐え、バスを乗り継ぎ、ガタガタ道を通ってやっと到着。
a0101871_4131459.jpg

オイワ水産センター第1期工事終了(今ここに日本の無償資金で漁港が設立されている)の打ち上げパーティーに参加させてもらった。ちなみに11月末には工事が終わとのこと、ほんと??現場の声からは日本人は土日も働くことも多々。でもやっぱり現地の人は給料を普段の倍にしても、来てくれないことが多いそう。日本人が働きすぎなのか、現地の人が働かなさすぎなのか。とにかくビンセンシャンが頑張ってくれることを願うばかりです。
a0101871_412851.jpg
そして、思った以上にアジアンの姿が。
日本人・フィリピン人・ビンセンシャン、そして先住民の人もいたような。
とにかく楽しい、いわゆるビンシーパーティーだった。ちいさなDJ発見!

a0101871_4491993.jpg
そして、私が感動したのがSalt pond
こんな神社みたいな階段を下っていくと、あるんです天然プールが。
前から話には聞いていたものの、私の想像では”池=にごった水”ってな感じ?
でも実際はコレ!たまに大きな波がこの岩を超えてやって来て、キャーみたいな。この日も地元の人がたくさん水浴びを楽しんでいました。動画を撮ったのに載せられなくて残念。mixiに頑張って載せてみます。



a0101871_4411337.jpg

大人も子どもも楽しめる、そんな天然プール
a0101871_443720.jpg

ビンセント観光も、もう終わり。明日から新学期。Ms.Kakuwaの生活にもどらなくては。
[PR]
by haruka216h | 2008-04-14 05:04 | St.Vincent life

春です。

a0101871_22455213.jpg
季節感の全くないセントビンセント。
日本からの桜の写真を見て、“おっと!今、日本は節目の季節ね。”とちょっぴり自分も今年を振り返る。

感動の卒業式から早1年。
私の任期もあと残り1年を切った。

昨日、これまでのセントビンセントでの活動報告をビンセント隊で発表しあった。
誰かに伝えることで、言葉で表現することで、改めて自分の活動を振り返ることができ、自分の頭の中も整理された気がする。

言葉・生活週間の違い・宗教・価値観・生徒とぶつかり合い・・・
悪戦苦闘の1年でしたから。笑

さぁ、あと1年で何ができるかしら。
来年の今頃は日本です。
[PR]
by haruka216h | 2008-04-06 23:03 | 私のひとり言

別世界

a0101871_8501893.jpg私の今いる国はSt.vincent and grenadinesという。そう、St.vincentというメインの島の他にGrenadinesという小さな島々があるのだ。そのGrenadinesの一つであるMustique Islandという島に先週末行ってきた。

MustiqueはMustique Companyにより経営・管理されている金持ちの島らしい。

それもただのお金持ちではなく大富豪

あまり詳しくは知らないのだが、何でもミックジャガーやトミーフィールガーなどの別荘があるとか。そして、日帰りでは行けず、別荘を持っているか、超高額のホテルに泊まらないとMustiqueには行けない。

そう、お金持ちしか行けないようになっている。

なんで、貧乏な私が行けたかって?そうラッキーなことに、この島のBar& Restaurantを経営している人の別荘に泊めてもらえることに。今は誰も使っていないんだとか。
ここにFreeで泊まらせていただきました。
a0101871_8465792.jpg

a0101871_81561.jpg

ビンセントでは、鍵どころかバーグラーマで付いていないと暮らせないのに、ここはドアに鍵さえない・・・。さすがお金持ちの国。誰がこの島にいるのかも、このMustique Companyが把握しているから超安全らしい。

電線も電話線も地下に埋められていて、きれいな南国の島が保たれている
超高級リゾート地

ビンセントではEC4ドルくらいのビールがここでは10ドル以上。水だって10ドル。
パスタなんて頼もうと思ったら80,90ドル(3600円くらい)以上は当たり前。
ちょっとアイスとコーヒーを頼んだら55ドル(2200円くらい)。
もちろん単品のお値段。なんか銀座を思い出しました。
値段なんて見ないんだろうな。お金もちは。

でも、食べましたよ。高級Lunch
カウンターバーでドリンクを注文するところから始まり、高級パスタを食べた。
久しぶりのおいしいItalianだった。
a0101871_8214266.jpg

a0101871_815426.jpg
でも、高級Lunchで贅沢したので、あとは分相応のActivityで。一日はサイクリングをしながら島を回り、BeachでRoast Bread Fruit。



もう一日は高級Lunchの後、歩いて島を散策しながらこの島で有名なMarconi Beachへ。
a0101871_825964.jpg


a0101871_8164860.jpgみんな自家用車かMustique companyの車(ゴルフカートみたいなもの)に乗って異動している中、ちょっと目立っていたような気はするが、私にとって素敵な週末だった。Mr.Basilに感謝。感謝です。ちなみに、最後の夕食は彼のレストランに招待してもらい。高級Dinner&Wineをごちそうになった。きれいな夕日を見ながら、Jazzの生演奏が流れる素敵な空間。

ただ、一つだけショックだったことが。

間違って行ってしまったんです。お金持ちのPartyに。BeachでやるというのでてっきりVincyのPartyのようなものを想像して行ったのだが、とんでもない。
本当に招かれたGuestだけのまさにお金持ちのParty
雨が降りそうだったので、全部回りきれない豪邸(もちろん巨大プール付き、)の一室で行われたパーティー。
それぞれ挨拶を交わした後、ビジネスやら趣味やらの会話。ダンス。
ウエイターが常に料理やお酒を運んで来てくれるし、好きなもののオーダーも可能。
何でも写真を撮っている私だが、とても写真を取れるような雰囲気ですらなかった・・・。
連れて行ってくれたBasilは気を遣ってくれていたが、それでもここは私の居場所ではないと思うくらいの別世界。

そして色々考えてしまった。
写真もなく、言葉でも表現ないのだが、とてもショックをうけたPartyだった。

かたや日々の暮らしに追われ、仕事もなく昼間からRumを飲んで毎日をそれとなく過ごしているVincyもいれば、Mustiqueにいるような大富豪も。

まさに天と地。

違いがありすぎる。しかも同じ国なのに。

どこでこんなに違いが生まれるのか。

人生ってなんて不公平なんだろうとも感じた。

私は決してお金もちではないが、貧乏とも違う、きっと普通っていうレベルなんだと思う。(何を基準にするかにもよるが)

日本でも、もちろん経済的な格差はある。

でも、この国の格差は歴然としている気がした。

人種差別という言葉があるが、正直言って日本にいる時は自分が日本人であるとか、黒人をどう思うとか、白人がどうとかあまり考えたことがなかった。

でも、働いている人は全て黒人、白人はリゾートをただただ楽しむ(ように私には見えた)そんなMustiqueに行き、良くも悪くも、今まで積み重ねてきた長い長い歴史は形を変えながらも、今も続いているんだなということと、人の生き方って本当に様々だなという事をつくづく感じた。

うーん、うまく言えないけど、何やらたくさん考えてしまった。
色々な事を。

そして、歴史なんて教科は好きではなかったけど、
今更ながら歴史を学ぶことって大切だなと痛感。

非現実的なPartyに行ってしまってから、私の心はちょっと変になっていた。

a0101871_841511.jpg
でも、今日ビンセント島に帰ってきて、スーツケースがよく動かないタウンで卵を買い(Mustiqueの水より安い9ドル、それでも卵は私の日々の生活の中では高級品)、
いつものようにギュウギュウのガンガンに音楽をならしたバンに乗り、
近所のビンシーにどこ行ってたんだとダイアレクトで聞かれ、自分の家に帰ってきたらなぜかほっとする自分がいた。

何を言っているか分からないし、時間には絶対に来ないし、道行く人みんなに声をかけるし、おせっかいだし、音楽はガンガン・・・・。

イライラすることも多いけど、

でも正直、私にとって、ビンセントはリアルで人間味がある世界のように感じた。
[PR]
by haruka216h | 2008-04-01 08:54