セントビンセントでの協力隊活動状況を綴っています。


by haruka216h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いつものビンセント

今日から新学期のための職員会議等が始まった。
2ヶ月もの休みを経て、気持ちも新たに学校へ

なのは私だけ?!

8:15 学校は空っぽ。。。。
日にちを間違えたかと思った。

9:00を過ぎてようやくぽつりぽつりと先生達の顔が。
今日は何をするのかと聞いたが誰も今日の予定を知らない
夏休みはどうだった?いやーカーニバル見たよー。スチールパンひいていたね。etc・・・
などのおしゃべりを1時間半。

おしゃべりの間に卒業生が卒業証書を取りに
ってまだもらっていなかったんだ・・・。
忘れた頃にやってきた卒業証書。
・・・と思うのは私だけで、彼らにとっては普通の事。
卒業証書を手にした彼はうれしそうに、夏休み中に始まった仕事についての話を、生き生きを話してくれた。
頑張ってね、新しい仕事。
a0101871_9145298.jpga0101871_9151316.jpg

何も始まらないようなので、家庭科棟の鍵をもらってお掃除
・・・が途中で水道が止まっていることが判明。
手が洗えないため、簡単な掃き掃除にとどまる。

そういえば私に今日から学校よ、と教えてくれたCo-workerが来ていない。
と思ったら遠くにいる私をほって職員会議が始まっていた・・・。


そんなこんなで初日は午前中で終了。

ん?私、学校に何しに行ったの???
しかも、結局Co-wokerは来なかった。


んーーー明日は9:00からまた会議らしい。

時間に誰も来ないと分かっていても、やっぱり時間を守ってしまう日本人。
待ち時間に読んだ本1年間で何冊?!

誰かを、何かを待つことの多いビンセント。
それを楽しむビンセンシャン、そしてそれをもったいないと思う私。


ふー、そんな事をまたしみじみ思ってしまった新学期、初日なのでした。
私が楽しめる限界はどうやら1・2時間のようです。



さて、明日はみんな何時に来るかしら。
[PR]
by haruka216h | 2008-08-26 09:32 | The school in NU
この夏休みを利用して
隣国St.Luciaに行って参りました。

飛行機で30分
外国、セントルシア
何気に初めての一人海外旅行

1年ぶりに
同期の友達に会いに!!

a0101871_038359.jpga0101871_1224298.jpg

ちょっぴり、懐かしい
そして、自分を振り返る旅になりました。

隣国カリブの島なので雰囲気や気候は似ているけど
ビンセントよりちょっぴり発展しているルシア

舗装された広い道路
バン(ここでの交通手段)がきれい
そして、運転がゆっくり安全
バス停のきれいさ
レストランやShopの種類の多さやきれいさ

そして、彼らの言葉が丁寧
その辺でファックだの、何だの騒いでいる人がいないし
何よりClearで上品
あー感動。

すべてがビンセントより素敵でした。

友達の心遣いでちょっとオシャレしておすし屋さんへ
a0101871_045520.jpga0101871_0502169.jpg

1年ぶりの温泉に入り
a0101871_0531173.jpga0101871_0545837.jpg

自分の国にないものを見つけては大騒ぎし
ちなみに私はこのCaffeに大興奮
こんなコーヒービンセントでは見ることすらできないんですもの。
まるでおのぼりさん状態・・・。
a0101871_105922.jpga0101871_113180.jpg

とにかくよく飲み、よく食べ、たくさんはしゃいだ旅でした。

そして
たくさん話をした旅でもありました。

やっぱり観光地化が進んでいるとはいえ
一歩中に入ればそこは途上国

観光客には見えない現地の生活・・・

よくも悪くもやっぱりそこで活動するには色々あるわけで

それぞれの場所で
それぞれの思いを抱えながら
活動している
訓練所で出会った仲間

生活している国は違うけれど
日本人として
協力隊として
共感することも多く

また、色々考えさせられた旅でもありました。

素敵な心遣いと
スペシャルなPlanを考えてくれたA様

遠方Belizeから来てくれ
若いエネルギーをくれたH様


本当にありがとう。

ちゃっかりな私は、何から何までお世話してもらい
相当楽しい思いをさせてもらいました。

そして、ご馳走してくださったり
泊めてくださったり
素敵なお話を聞かせてくださったり
ルシアを案内してくださったり
してくださったルシアの皆様、お世話になりました。

ルシアの人の優しさと
素敵な友達の出会いに感謝しつつ

夏休みのメインイベントが終わっていきました。



そして、いつも旅から帰って気がつくこと

疲れることも
がっかりすることも
イライラすることも多いビンセント

でも、帰ってくるとなーんか落ち着くのです。

ガンガンの音楽のバンの方が居心地がよかったり?!
おせっかいでお下品なVincyが恋しかったり?!

不思議。



そんな夏休み気分ももう終わり。
来週からはProfessional Development Week
いよいよ、私の任期の締めとなるSchool yearが始まります。
[PR]
by haruka216h | 2008-08-23 01:45 | Travel

Summer School 2008 First week

心配していたSummer Schoolの前半が今日で終わりました。
急な時間の変更にも関わらず、臨機応変にこなせるJOCVはさすがです。
そして、やっぱり何か物事をやる時の
日本人の計画性の良さ
チームワークにはいつもながら関心です。

14日 環境教育の紙芝居 & ごみ拾い
a0101871_5414623.jpga0101871_505278.jpg

15日 書道教室
a0101871_5422462.jpga0101871_5425219.jpg

16日 折り紙教室
a0101871_5433288.jpg


色々思うところもありましたが、
とりあえず今週は無事に終了です。

来週へ続く・・・・
[PR]
by haruka216h | 2008-08-15 06:00

舞い込んだ仕事の行方

隣国から週末帰国し、
バタバタとしたままだったサマースクールについて向き合うことに。

とりあえず、お願いしておいた活動に必要なものの確認に
担当者に会いに。

頼んでおいたものは、ちょっと抜けがあるものの、
一通り買っておいてくれた様子。

・・・が、しかし

明日の予定が勝手に変更?!

明日は
9:00~環境教育の紙芝居(幼児教育隊員と環境隊員の共同作)を読み聞かせ
ちょっと感想や話し合いの時間を持ち
タウンのごみ拾いに行くという予定

タウンに出かけるので、
いつもの朝の長いお祈りもちょっと省略して
予定時間しっかり全部使える

・・・・はずだった

彼女もしっかりメモしていたはずなのに

でも、なんでも10:30からポリスのお話が入るらしい

ええええええええええええ!

時間のない中、
私がいない間にも
隊員同士で色々と相談をし
ごみ拾いには手袋が必要だとか、
拾った後、子ども達に手を洗わせるための石鹸が必要だとか
拾ったごみの処理を行政にお願いしようとか
そんな日本人の細かい配慮にも
気づくはずもなく
あっさり変更。

しかも、今日会いに行かなければ
明日、当日まで知らされなかったこの情報

なんか・・・・

理不尽。
そう思うのは私だけだろうか。


とりあえず、明日タウンへ

どうなることやら。
[PR]
by haruka216h | 2008-08-12 09:32 | The school in NU