セントビンセントでの協力隊活動状況を綴っています。


by haruka216h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

TEXAS!!

続・アメリカの旅
a0101871_10445514.jpga0101871_12212951.jpg

朝5時にビンセントの私のボスのお宅(前泊させていただいた)を出発し、バルバドス、マイアミで乗り換えること2回、夜11頃目的地のヒューストンに到着、それから友達の家まで車で約4・50分。ふー長い一日。アメリカ航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センター設置されているヒューストン。宇宙服を来た牛(ロングホーン)がお出迎え。

許可を得れば銃所持が認められているアメリカ
友達のお父さん自慢の銃と記念撮影。
a0101871_1211629.jpga0101871_1213944.jpg

ちなみに、これ全て本物。
さずがにス銃弾まで見せられたときには、ちょっと鳥肌。
小心者の私にはとても使えそうにありません。
このパパ護身用にと、どこへ行くにも一丁は持ち歩いているそう。

a0101871_10362762.jpg
そして、さずがアメリカ!すべてがヒュージ!!どこに行くのも遠い・・・ちなみに、結婚式のあったダラスまでは5・6時間かかった・・・・でも、同じ州。
ちょっと出かけるのにいつも数時間。

そして、結婚式後、車で移動すること4・5時間
サン・アントニオ
こんな道をただひたすら走る

サン・アントニオはテキサス州南部に位置する都市で、結構な観光地。
特にその観光地の中心となっているリバーウォーク
このリバーウォークもともとは洪水予防のためにつくられたそう。リバーウォークというだけあって、川の両側が歩けるようになっている。そして川沿いに立ち並ぶのはオシャレなCaffeやレストラン、ホテル、さらにはショッピングモールと何とも素敵。ここは「米国のベニス」と呼ばれることもあるそう。バナナやヤシの木ばかり見ていた私には素敵すぎる光景。そして、その川をクルージングすることが可能。もちろん乗りました。
a0101871_103318100.jpga0101871_10325164.jpga0101871_10333943.jpg
a0101871_10341498.jpga0101871_10343875.jpg

a0101871_10493393.jpga0101871_10495879.jpg

そして、もう一つの観光名所、アラモ砦 
1836年、テキサスがメキシコから独立をかけて189人の男たちが立てもこり、命がけで戦った砦。テキサス独立の象徴。今はアメリカの一つの州だが、もともと独立国であったテキサス。そのため、通常は国旗より少し下げて、州旗を揚げるのだが、テキサスだけは同じ位置に州旗を揚げていいのだとか。まさにへーーーと言う感じ。
西暦何年に誰がどうこう・・・・というイメージしかない歴史の授業が嫌いだった私だが、最近色々な事を勉強中。そして、それが楽しいと思えるのだから不思議。人間って変わるものだなーと自分でもしみじみ感心。そして、日本語のオーディオがあったのも手伝って、面白すぎて、2時間以上もこの小さな遺跡に滞在。
a0101871_10581862.jpg

ちょっとは賢くなったかな?
a0101871_12223187.jpg

そして、夜はお寿司をいただく。あー幸せ。
a0101871_12233189.jpga0101871_1223493.jpg

まだまだ続くアメリカへの旅。
[PR]
by haruka216h | 2008-10-29 12:32

異動希望調査

『異動希望調査』
そんなものが日本からきました。

あーーそうでした。
日本はそんな時期でした。

来年度、どの学校で勤務を希望するかというもの。
もちろん希望通りにいくわけではないが。
この仕事運び、まさにTHE JAPANといった感じ。

来年の4月の事をもう考え始めている日本。
ビンセントはまだまだ夏休み気分だって言うのに・・・・。

今日学校に行って発覚したこと!
私がアメリカにいる間中、先生はストライキをしていた。
その期間、約2週間。その間授業はほとんどなし。
もちろん生徒も学校には来ない。
そう、私が生徒の心配をすることなど、全く必要なかったのだ。

違いすぎる
日本とビンセント・・・


そして私は、日本社会にうまく適応できるのだろうか。
知りすぎてしまった別の世界。

ビンセントと比べてももちろんだが、
アメリカに比べても(ちょっと興味があったので、アメリカの学校にもお邪魔させてもらったのだ)
日本の先生方は働きすぎだと思う。
朝から晩まで、そして土日も・・・Crazy.

日本の場合、本当に『ゆとり』が必要なのは、教師だ。
そんな日本の教育現場をちょっと思い出した今日この頃。
[PR]
by haruka216h | 2008-10-29 08:40 | 私のひとり言
8日ほどアメリカへ。
友達の結婚式にお邪魔させてもらった。
a0101871_9561830.jpg

新郎は韓国人と黒人のハーフ
新婦は白人とメキシカンとのハーフ


ということで、とてもインターナショナルな結婚式
チャーチで式を挙げ、その後レセプション
そして、そのレセプションを大いに楽しんだ私

新郎新婦のダンスに始まり
それぞれの両親も一緒にダンス
とってもスウィート
a0101871_9571566.jpgそして、Mariachi(マリアチ)
メキシコの「町の辻音楽師」の意味。現在では、ヴァイオリン、ギター、ギタロンまたはベースギター、トランペットで編成され、メキシコの民族色豊かなバンドの総称。
フランス語のマリアージュ(結婚)の訛り。1860年代、ハリスコ州に移住してきたフランス人の婚礼を盛り上げるために楽団が編成されたのが語源。だそう。

そのマリアチに合わせて、新婦のお母さんの素敵な歌声の披露(後で動画を載せる予定)

その後、新郎新婦は韓国民族衣装チマ・チョゴリに御召替え&ケーキカット
a0101871_9583128.jpg

そして、ダンスタイム
これが、楽しかった!
ダンスなんて中学校のフォークダンス以外やったことのない私なので、もちろん適当。
でも、とっても楽しい時間だった。
老若男女問わず踊る、踊る、踊る、踊る、踊る。
a0101871_100584.jpga0101871_1015278.jpga0101871_1023144.jpg

a0101871_103113.jpga0101871_1035389.jpga0101871_10124720.jpga0101871_10134171.jpg

a0101871_10221198.jpg
新婦のブーケトス(ちょっと変わって未婚のGirl全員が手をつないで、踊りながらというもの、あーん写真がないのが残念)
新婦のガータートス(未婚の男性が新郎の投げる新婦のガーターベルトを受け取ると言うもの。今回は新婦の靴だった、たぶん・・・)
そして、またダンスで新郎新婦が退場。

とっても素敵な式だった。
そして、ダンスがこんなに楽しいとは知らなかった。
はまりそうな予感?

アメリカの旅、続く・・・・


明日は久しぶりの学校、私の支持通り生徒はやれたのだろうか。
[PR]
by haruka216h | 2008-10-28 10:44 | Travel

ストライキ!

月曜日、いつも通り登校。
なんか、様子が変。
生徒が、先生がいない・・・・。

あ!忘れてた。
この日は、学校の先生の給料値上げ交渉のためのストライキ

去年の夏休み直後にもストライキがあり、夏休みが1週間伸びた。

そして、今日は火曜日。
今日も様子が変。
なんでも、今週いっぱいストライキを続行することに、決まったそうな。
うちの学校の先生に限って言わせていただくと、
ストライキをするほど激務ではないような。。。

というのは置いておいて、どこの国も教育にかける予算をとるのは難しいようです。
この先国を支えるであろう子ども達。

教育。
一番大事なはずでは?



でも、今私はボランティア。
生徒がいれば授業はやれる。

で、昨日はアクセサリー作り。
今日はTie Dye.

もちろん、全部の生徒が来たわけではない。
だって先生がいないんだから、当然。
(ストライキについては、事前にTVやラジオ、新聞で報道されているので、生徒も知っている)

でも、来た。

ずーーーっと前から、企画していたTie Dyeをやりに。

何度言って聞かせても、絶対に持ってこなかった材料。
やーーーーーっと、持ってくるようになった。

ストライキのばたばたの中だったので、小人数だが
今日は楽しい一日だった。

生徒も満足そう。
a0101871_116070.jpg

『約束の日に、Tシャツを自分で買ったり、家から探して持ってきた。』というのが、今日のポイント。
いつもポイントがずれていますが、でも、
今までできなかったそういう基本的な事が出来た時が、私は一番うれしい。

まだまだ、そういうレベルなんです。
この学校は。

プロテインの化学記号がどうとか(座学ではそういう高度な事を勉強している、この私の英語力で)勉強するよりも、基本的な生活習慣を身につけるこの方が、この子ども達には重要だと思う。それくらい、モラルが、マナーが身についていない。

でも、彼らはできなんじゃなくて、そういう事を教えてもらう機会がなかっただけ。

彼らの家族、地域の人、環境を考えると、ほんとにしかたがないと思ってしまう・・・・。
でも、少しずつでも、この変な外国人から何か感じてくれることを願う日々。


そして、明日から、結婚式のため私は10日間ほどアメリカへ行く。(6日ほど学校を空けることに)
何人かの頼りになる生徒に、6日分の問題と作業を説明して置いてきた。

うーん、彼らに出来るだろうか、いや・・・・。
生徒を信じて、いってきます。
[PR]
by haruka216h | 2008-10-15 01:37 | The school in NU

やっと。

出来上がりました。バスケット。
コレ、JICAから毎月配られている冊子からできた作品。
a0101871_2344865.jpg

籠のできがどうとか、いうよりも

諦めずに最後までやり遂げたこと
コレが彼らにとっての最大の成果だと思う。

Ms!Ms!Ms!Ms!Ms!Ms!Ms!Ms!MsMs!Ms!Ms!
誰が何回行ったことか。

Msは一人しかいないんだから、騒がず待つ!
すぐに諦めない。
やってもみないうちから、できないと決め付けない。
とにかく、辛抱強くやる。

などなど、言いきかせること数万回。

そして、
できない!もうやだ!見た目が悪いからやめる!・・・・
ほんと、ぐだぐだぐだぐだぐだぐだ、愚痴ばかり。

なんて根性のない奴らだ

でも、しかたがない。
ここの生活。

根性が必要なことがまずない。
やりたくなければ、やらない。
すぐ諦める。

それじゃ、済まないだろうと思うのだが、結構それで何とかなるのが、ここの生活。

大人もそうなんだから、しかたがないのだ。

彼らに何が残るのかは、分からないが
一人も諦めずにやり遂げたこと
それが、私にとって最高にうれしかった

腹が立つこと、がっかりする事の方が多い日々だが、
こういう一瞬が、私を毎日学校へと向かわせるのかもしれない。
a0101871_2502841.jpg

早く終わった生徒には、その辺に落ちているゴミを拾わせ
ペンスタンドも作らせた。

なかなかなリサイクル作品になった。
[PR]
by haruka216h | 2008-10-13 02:59 | The school in NU

開かずの引き出し

整理整頓。コレが、私の周りにいるビンセンシャンはできない。
たとえ先生でも。

正直に言います。
これが今私のいる教室環境。
a0101871_52513.jpga0101871_531487.jpg

ただ散らかっているならまだしも、汚い。
ゴキブリ、コウモリ、ねずみ・・・
写真に見える黒い点々はすべてコウモリの糞。
不衛生極まりない。

でも、私のカウンターパートは私に掃除をさせたくない。
あなたが病気になったら困るし、私が生徒を使ってすぐやるから、やらないでね。
soonと言って、すぐに何かが起こったことのないこの国。・・・何度聞いたか、このフレーズ。

私の教科は家庭科。
そう、料理をしたり、裁縫をしたり、
そして、整理整頓も私は家庭科の一環だと考える。
が、この様子。

彼女を無視して、何度か強行突破したことがある。
でも、勝手なことをすると、彼女はあまりいい顔をしない。
私の唯一のカウンターパート。
ああ、やりずらい。

そして、先生が掃除をするという習慣のないこの国
私が掃除をすることは、他の先生にとっても好ましくない様子。

でも、Cleaning ladyと言われ様が何だろうが、
耐えられないこの汚さには。

だって、想像してください。
長期休暇が終わったら、
調理室の引き出し全部にスプレー(ゴキブリ用)をかける。
で、しばらく放置。
そして、使うときにその引き出しの中に入っている調理器具を洗って使う。

そんな料理、絶対口にしたくない。
でも、うちのカウンターパートの授業では、コレが普通。

彼女はいい人だ。
ただ、とてもビンセンシャンなだけ。
そして、彼女の習慣、価値観を変えるのは難しい。
というか無理に等しい。

でも、もーーーーー限界!
今まで、かなり遠慮してきたが、
私の我慢の限界が。

彼女にうざいと思われようと、
嫌な顔をされようと、
私は自分が正しいと思ったことをやる。
それが、あと数ヶ月で帰る私の強だと思っている。
これはもはや文化の違いとかいう範囲ではない。
汚いは汚い。きれいはきれい。
程度の差はあっても、今私がいるところは誰が見ても汚いはず。
a0101871_5215100.jpg


今日はとりあえず、ずーーーっと開けないでって言われていた机の引き出しを掃除。
何年も、開けていなかったのか、
やっぱりいた
ゴキブリの死骸と卵。

あしたは、スプレーして天日干しして、
徹底的にゴキブリを撤去する!!

そして、何度も校長にかけ合って
ようやく、調理室の水道を今週直してくれることに。
本当か?!と半信半疑だが、晴れて水道が復活したら
次は調理室の掃除に励もうと思う。

しばらく、空き時間はCleaning ladyだ。
[PR]
by haruka216h | 2008-10-07 05:35 | The school in NU

小さな変化

今日、ものすごーく甘いものが急に食べたくなり、滅多に行かない売店に行った。

『Ms.Kakuwa、元気?今日は何が欲しいの?』
とおばちゃんに言われた。
そして、『あんた結構長いこといるね。この学校は好きかい?』
と聞かれたので、

『ストレスフルなことも多いけど、好きだからここに毎日来るのかもね。』
と、正直に答えた私。

『あんたがこの学校が好きなことは知ってるよ。よく子ども達がここでMs.Kakuwaの事を話してるのを聞くからね。』
と、おばちゃん。子ども達が私の話?!
うーん、何の話をしているのかは聞かなかったが、どうやら悪口ではなさそう?

正直言って、私がココに来て何の意味があるのかと思うことが
1年以上たってさらに思うことがある。
相変わらずの生徒だし、相変わらずのコーワーカーだし。

でも、頑張って見つければ?
ちょっとした変化も。

今年も100名以上の生徒が入学してきたが、誰も私の事を『チンチョン』と呼ばない。
それどころか教える前からMs.Kakuwaと呼ぶ。

相変わらず、遅刻ばっかりするが、遅刻すると理由を言ったり(いいわけだが)、I'm sorryと言うようになった。

1時間座って作業が出来るようになった。

授業に必要な材料や道具を持ってくる生徒が増えた。

授業中にものを食べることに罪の意識を?感じるようになった。

ゴミをポイ捨てしなくなった。(私の前でだけだが・・・)

よーーーく探せば、ちょっとは変わってきていることが?
最近ちょっと心が疲れ気味なので、自分で自分を励ます日々。



今日の作業の様子。
ね、座ってるでしょ。笑
a0101871_993033.jpg

で、コレが今日の収穫。
a0101871_9111932.jpg

ただいま、リサイクルバスケット作成中。
途中で、投げ出さず、最後まで作ることが目標。
[PR]
by haruka216h | 2008-10-01 09:17 | The school in NU