セントビンセントでの協力隊活動状況を綴っています。


by haruka216h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

心が折れた日

先週金曜日の4時間目(ランチ後すぐ)は、今学期最後の調理実習だった。

その日は朝から、ぞくぞくと生徒が私のところへ
材料とエプロンなどのユニフォームを持って登校。

この国で家庭科のテストを受けるときは、男女共に
白いエプロン・白Or黒のヘッドカバー・白いドレス(OrスカートOr パンツ)・白い靴・白い靴下
全て白!
というユニフォームを身につけなくはならない。
a0101871_21455.jpga0101871_22662.jpg
形にものすごくこだわる、が実際全てを用意できず、テストを受けられない生徒もいる。
そして、普段は制服のまま実習を行っていたりする。
そうあまり実用的でないのが現実。




私の受け持っている生徒はForm4なので今年はテストはないが、来年はそのテストをパスしなければならないので、私も一応生徒には上の2つをポスターにして、これがパーフェクトだという事を説明している。でも、普段の授業では、最低限のラインとして、エプロンとヘッドカバーだけは必須ということにしている。

そして、この日はこのパーフェクトに近い生徒が多くいた。停学明けで、学校が楽しかったのか、クリスマスを目の前にやる気が起こったのか、理由はよく分からないが、とにかく忘れ物が少なく、きちんと準備をしてきたことに私は感動したのであった。

そして、1時間目はHome manegementという別の教科があったので、
その際にガス代EC3ドル(今学期分)を集める。

これは学期初めからずーーーーーっと言っているのだがなかなか集まらない集金

何度言っても持ってこなかった生徒が、今日は5人も持ってきた。
なんとか、今学期末(12日)までに全員分集まりそうだ。

でも、私のHappyはここまでだった。



感激のガス代が盗まれたのだ。


学校にいる時は常に、財布とカメラ・携帯などの貴重品は小さいバッグに入れて、どこに行くにも持ち歩いている。もちろんとトイレに行くときにも、ちょっと隣の部屋に行くときにも。

だがこの日、私はこのガス代の入ったポーチをバッグ(大きい方)の中に入れて、ミーティングに行ってしまったのだ。普段は鍵も閉めるのだが、信用できる生徒5人にその部屋の管理を頼み(他の生徒を入れないように、部屋を散らかしたりしないように)、鍵はかけなかった。

完全に私の気の緩だった。

ミーティングから戻ってきて、何となく嫌な予感がしたので、ポーチの中身を確認すると
5ドル札一枚だけ。
いくら入っていたかは忘れてしまったが、少なくとも20ドル以上は入っていたはず。

その場にいた生徒に確認すると、誰も部屋に入れていないし
私のバッグに触ったりもしていないとの事。

そして、その後壮絶な光景が私の目の前に。
その場にいた生徒が全員、自分のカバンを持ってきて、中身を全て出す。
そして、財布の中身もすべて出す。さらには靴と靴下も脱ぐ。

私に自分の無実を上証明するために

もちろん、私は何も指示していない。

この学校ではこんな風に物が盗まれる事が多々ある。
たぶんその度に、こうして教師が生徒を調べるのだろう。
なんだか、とても悲しいむなしい光景だった。

そして、私の同僚がその状況に気がつき、校長を呼んだ。
そして、校長の支持に、私はさらに唖然・・・・・。
一応今までの状況を説明。すると、
では5人全員でMs.Kakuwaになくなった20ドルを払こと。
月曜日までに一人4ドルを私のところまで持ってくる事。いいな。

はあああああああああ?
確かに彼らはその場にいたが、彼らが盗ったかどうかは確定できない。
授業中、黒板を書いている間かもしれない
ミーティング前のちょっとの休み時間の間かもしれない

その後、校長室に行き、お金がなくなったのは、私の責任でもあるし、誰が盗ったか確定できない以上、私は彼らからお金をもらうことはできない。Unfairすぎる。と何度も訴えたが、校長は彼らに払わせるの一点張り。Ms.Kakuwaには何の責任もない。学校は、Ms.Kakuwaが置きたい所に財布を置ける環境でなくてはならないし、人のものを盗むなんて恥ずかしい行為だ。
確かに校長の言うとおりだ、でも盗ったかどうか分からない生徒に払わせるという対応には、何とも納得できない。


あの時かも、この時かも
あの生徒かも、この生徒かも


こんな風に誰かを疑わなくてはならない時間が本当に悲しくてむなしい

お金はないが、今までにもちょっとした文房具や材料が盗まれている
その度に、こんな悲しいむなしい時間を過ごしてきた

そして、こんな事がありすぎると、
たまに自分で置き忘れていたものすら、誰かが盗んだんじゃないかと疑ってしまうことがあったりして、自分で自分が嫌になったりしていた。

やっと、そんな盗みがなくなったと思っていたのに。
でも、どうしても自分の生徒じゃない気がする。
信じるものは裏切られる?

そんな風には考えたくないが、
今日、ガス代が私のポーチから消えたことは紛れもない事実だ。

a0101871_244689.jpg


最高の日が最悪の日なってしまった。
[PR]
by haruka216h | 2008-12-08 02:58 | The school in NU