セントビンセントでの協力隊活動状況を綴っています。


by haruka216h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

楽しいの裏には。

a0101871_2265938.jpg

コレ、私が一人でゆでた、チキンとピッグテイル(豚のしっぽ)
そう一人で。
そして、これは一部。

ここで、何かイベントをやると必ず付いてくるのがBBQ。
昨日のコンサートにもBBQがお昼に準備された。
その数半端ではない。鳥肉100近く、豚の尻尾100という大量のBBQ。

一応、コンサートのための仕事の分担がされていた。
もちろん、教師全員が何らかの担当に当たる。

パトロール班、当日校門でチケットを回収すると共に、警察とBODYチェック、校内巡回など
装飾班、会場の装飾
フード班、BBQやフード、飲み物の準備、販売
運営班、チケットの管理やプログラムの作成など

ところが、ビンセンシャンは協力というものが嫌い?できない?
毎回何かのイベントがあると、ごく一部の人だけが一生懸命働き。
他の人は手伝うどころか全く関わらない。そして、すべてが時間通りにいかない。

コンサートの様子。

前日、午後1時。一人の教師が会場の壁のペンキ塗りを始まる。全員でやったらすぐ終わる作業だが彼が一人で行う。職員室では何人かがプログラムの作成中。まだ、誰が出演するか確定していないので、プログラムができないとか。
a0101871_3405473.jpga0101871_3413350.jpg
BBQの準備は前日の午後開始、というはずだったが、開始したのは2時。冷凍されたチキンとピッグは解凍するのが遅かったらしく、固まったまま。それを何とか水で溶かしながら、下処理(洗って脂身をとったり、羽を取ったりする作業)をする。それをシーズニングに漬け込んで終わり。が、量が量だけに時間がかかる。そして、調理室に来た教師数3.フード班は8人はいたはず。生徒が手伝ってくれた。
午後3時。肉の下処理をしながら、何の材料を買うか今頃話し合い。そして、なぜか私が最終チェック。販売するためのフォークやお皿などの抜けがあり、付けたす。もっと早くできたはずのこの作業。当日の朝、誰かが買って来る事に。

次の日の集合時間は9時。もちろん9時には誰もいない。奇跡的に?家庭科の先生がいた。だが彼女、今日はタウンに行かなきゃいけない用事があるので、すぐにココを去るという。え?私一人を置いて???

しかたなく保護者と他の先生方が来るまで、一人でBBQ用のチキンとピッグをゆでる。そして、その辺の生徒を捕まえて手伝ってもらう。教師より生徒の方がよっぽど当てになる。

11時頃、私の友達が到着。この日パフォーマンスを予定していたのだが、急にお願いしたため、一度も合わせて練習したことがなく、11:30に来てちょっと練習しようという事にしてあったのだ。もちろん、それは事前に他の教師の了解を得ている。私が途中で抜けてもいいかしら?と聞いたら彼らはノープロブレム!と言っていた。でも、現実はノープロブレムどころか誰もこの場にすらいない。しかたがないので、彼女達には誰かが来るまで、待ってもらう。時間通りどころか、時間前に到着した彼女にとても感激。彼女の目には大量の肉に奮闘する私の姿が相当たくましく映ったに違いない。ごのピッグテイル、結構グロテスクなのだ。

そして、結局彼女達が来たのは11:30頃。そして、いいわけ。バン(ここでの交通手段)がなかなか捕まらなかったの。見え見えの言い訳。

私は一人で十分働いたし、もーーーーーう、彼女達にバトンタッチ。でも、ここで、連絡の行き違いが。何がない、コレが足りない。あれも。ということで、校長はまた買出しに。そして、ゆでた後、BBQソースですべての肉を焼くのだが、この時点で火を誰もおこしていない。

この時点でもう12時。怒っている私と、茹で上がったチキンとポークを見て、みんな私のご機嫌取り。私はもう付き合いきれないので、すでに1時間も待ってもらっていた友達と合流し、練習開始。1つも予定通りにいかない、そして、全て段取りが悪いこのBBQ。お昼はBBQを、なんて思っていたが、急遽別の店でお昼を購入。

そして、BBQもBBQなら、コンサートも予定の1時には始まりそうもなく。コンサートが始まったのは2:40.BBQは3時頃やっと売れる状態になっていた。

1からの予定で来てくれた私の友達は、3時には学校を出ないといけない用事があり、急遽、プログラムを変更して先にパフォーマンスさせてもらうことに。遅れるとは予想できていたが、まさか2時間も遅れとは予想できなかった。

パフォーマンスが終わった後、会場の外を見ると、一人の教師がで大量のケーキを売っていた。もう帰ろうかとも思ったが、手伝う。そして、私が今日の事を愚痴ると彼女も同じ事を思っていた。私はコレがビンセントでは普通なのかと思ったわ。と伝えると、No!これはCrazyよ!!と言っていた。やっぱりビンセンシャンでも感覚は人それぞれ違う。最も、彼女はビンセンシャンだが、アフリカ系ではなくインド系だが。

私は、最近クリスマスまえで、ますます物騒になってきているので、暗くなる前に帰らせてもらったが、どうやらこのコンサートという名のPartyは夜の8:30まで続いたらしい。

私は先に帰らせてもらったので、あまり意見を言える立場ではないが、いつも私が感じる事、

準備が始まるのがものすごく遅い。
段取りがものすごく悪い。
協力しない。


だから、この国もの事がうまくいかないんだと思う。何かイベントをやるときはいつもそう。
何で毎年同じ事をやっているのに、毎年、こうも予定通りにいかないのか。私はどうしてもこの状況に疲れてしまう。
[PR]
by haruka216h | 2008-12-12 03:46 | The school in NU